歯の寿命について

歯の寿命について

こんにちは、岩村矯正歯科です。

歯の寿命についてです。

Q 【人生80年】といいますが、歯はどれくらいもつのでしょうか?

A 高齢になっても智歯(親知らず)を除く28本の歯のうち、20本以上自分の歯があれば、ほとんどの食べものを噛み砕くことができ、おいしく食べられると言われています。

さて、どうして歯が抜けてしまうのでしょうか。その原因は主に、むし歯と歯周病です。若い世代はむし歯で歯を失うことが多いのですが、歯周病は自覚症状が少なく進行する病気で、日本人が40歳以降で歯を失う主な原因になっています。

そのため、40歳代を境目に急速に歯を失う事が多くなり、平均的には60歳20本、80歳では約10本が残っているにすぎないのが現状です。

問題は、どうすれば自分の歯を健康で長持ちさせることができるのかです。

歯を磨いているから、また歯が痛くなった時には歯医者さんに行くから大丈夫というわけではありません。

手入れの仕方しだいで、歯の寿命は違ってきます。

ちなみに、歯の寿命は、平均すると50~65年との調査結果があります。

ある学説によると歯の寿命を90~100年にも伸ばすことが可能であると言われています。

むし歯も歯周病も、最大の原因は歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊です。

ですから歯垢を取り除くことが、歯の健康を維持するためにはぜひ必要です。

そのためには、セルフケア(自分で歯磨きなどの口腔清掃など)を受ける事が重要なのです。

歯並びが悪いと、むし歯や歯周病になる可能性が高くなりますので

矯正治療も歯の寿命を延ばす事を踏まえると、良い治療方法です。

歯の寿命を延ばすためには、定期的な検診と正しいホームケアが必要不可欠という事です。

歯が痛くなくても歯医者さんに行くという事が身に付くようにしましょう。

前の記事

2月のスケジュール