歯周病

こんにちは、岩村矯正歯科です。

歯を失う2大原因の歯周病。

この歯周病は細菌により引き起こされますが、実は食生活、喫煙、飲酒といった生活習慣とも関係していることはご存知でしょうか?

一般的に昼間に昼食をとり、お茶を飲んだり、会話などで舌を動かしたりして、口の中の環境はかなり変動し、細菌が定着しにくい状態にあります。

これに対して眠っている夜は、環境はほぼ一定であり、だ液の分泌も昼間より少なく、歯周病菌にとっては居心地がよく、増殖しやすい状態といえます。

このため歯周病を予防するには、就寝前に細菌を除去するためのブラッシングが効果的といえます。

正しく歯を磨くには、どんなブラッシングが必要でしょうか。

歯磨きには個人差があり、歯並びによって磨き方も最適な歯ブラシも変わります。

まず、歯周病の予防には、歯と歯肉(歯ぐき) の境目や、歯と歯のすき間に潜む細菌を取り除く必要があり、歯ブラシの毛先がその部位に当たらないといけません。

その感触を確かめながら歯磨きをすれば、 効果的に細菌を取り除くことができます。

ご自身のホームケアで正しく歯磨きをする事が歯周病予防には重要ですが、なかなかマスターするのが難しいのが現状です。

ですので、歯科医院では、歯ブラシ指導という項目があります。

矯正治療中は装置が付いているため、磨き残しが普段よりも多くなる事がありむし歯になりやすくなります。

この歯ブラシ指導をお受けいただくと、普段のブラッシングに行き届かない部位がある、この角度が良い、特にここに汚れがたまりやすなど、的確に指導する事ができます。

歯ブラシ以外のケア方法で、歯と歯のすき間には、矯正用のデンタルフロスや 歯間ブラシなどの併用も有効です。

口の中の病気の大半は、鏡の前で大きく口を開いて見ることで、症状の有無や 進行度が大まかに分かります。

歯科医院での定期的なチェックとクリーニング、正しい歯ブラシ方法で丈夫な歯と歯ぐきを保ち、 快適な矯正治療の生活とむし歯、歯周病が無い生活を送りましょう!

前の記事

9月のスケジュール

次の記事

虫歯にならない!