矯正治療とむし歯の関係

矯正治療をすると、むし歯になると聞いたのですが、本当ですか? と、質問される方がいらっしゃいました。   答えは、矯正治療の装置そのものが、むし歯を作ることはありません。 むし歯ができやすいかどうかは、むし歯菌(ミュータンス菌)の数、だ液の量と質、飲食の種類と回数、食べ方、歯垢(プラーク)の蓄積の程度、 フッ素が正しく使えているかなど、生活習慣と深く関係します。 むし歯予防のためにしっかりと歯磨きをするということは矯正治療中も、同じです。 ただ、矯正の装置が入ると、確かに十分に歯磨きをすることがかなり難しくなります。 しっかりと磨かないと、歯垢の磨き残しが多くなる可能性があります。 当院で、治療を開始される患者様に、装置を入れる前に必ずご説明する事は、歯磨きの仕方の大切さと、 その方の歯並びに合った磨き方をしっかりとお伝え致します。 歯ブラシの毛先を上手に使えるようにすることや、矯正用の歯ブラシや円すい形の歯間ブラシを使っていただくなど、 日々の生活の中でお口の清掃状況への十分な動機付けが行われることは大変重要です。 矯正治療をお受けになる場合は、矯正治療とともに正しく効果的な歯磨きの習慣を身につけられるよう、 しっかりと指導致しますのでご安心ください。 岩村矯正歯科HP http://www.iwamura-ortho.com/ こどもの歯並び相談 http://www.iwamura-child.com/]]>

次の記事

10月スケジュール