インプラントアンカーの症例

こんにちは\(^o^)/ 衛生士の瓦谷です。 インプラントアンカーを使った症例の治療経過を紹介します。   インプラントアンカーとは人体に安全なチタン合金でできたネジのような小さな矯正装置です。 通常の矯正治療では、歯を固定源として、歯を動かしていきますが、 インプラントアンカーを埋入すれば、インプラント部を固定源として用いることで、 すべての歯を同時に動かすことができるため、治療期間の短縮が期待できます。   インプラントアンカー↓     初診時2012年6月                                                2013年7月                             上顎に打ったインプラント部を固定源としバネを使って6歳臼歯を奥へ移動させることによって 前歯に スペースができ八重歯だった犬歯が並びました。   個人差はありますが、歯を抜かずに矯正を希望の方はお気軽にご相談下さい。             岩村矯正歯科HP http://www.iwamura-ortho.com/   こどもの歯並び相談 http://www.iwamura-child.com/    ]]>