阿倍野・天王寺で矯正歯科をお考えの方は、あべのキューズモール向かい あべのハルカス徒歩1分

矯正専門医による安心の治療

  

ブログ

2020年04月27日 09:42 歯の本数 矯正Q&A

こんにちは、岩村矯正歯科です。

人の歯の本数は、乳歯20本、永久歯の親知らずを除いて28本です。

しかし、実際にはこの本数よりも多かったり、少なかったりすることがあります。

【過剰歯】

親知らず以外の、乳歯でも永久歯でもない歯が生える事があり、それを「過剰歯」と呼ばれます。過剰歯は、歯並びや咀嚼(そしゃく)に影響があるときは、抜歯が必要となります。

【親知らず】

歯が多い場合で最も良くあるのは、親知らずです。

一般的にこの歯は、正常歯列に含まれないのですが、親知らずがきちんと萌出して機能している人の歯の本数は32本になります。

【歯の数が少ない】

乳歯でも永久歯でも前歯の本数が少ない場合や、永久歯が生えてこない乳歯の状態もまれではありません。

先天的に歯の数が少なくても、それほど問題にならない事もありますが、生活などに支障をきたす場合は、治療が必要とされます。

【埋伏歯】

埋伏歯(まいふくし)とは、歯の頭の全てまたは一部が、顎の骨や歯肉の中に埋まって出ていない状態の歯のことをです。 

埋伏歯は、犬歯や小臼歯によく見られ、手術と矯正治療によって正常な位置に引っ張り出すことが必要な事もあります。

歯の本数を調べることは、レントゲン検査で可能ですので、歯の生えかえり時期などに気になる方は、レントゲン撮影をお勧めします(^^)



ページトップに戻る