阿倍野・天王寺で矯正歯科をお考えの方は、あべのキューズモール向かい あべのハルカス徒歩1分

矯正専門医による安心の治療

  

ブログ

2020年03月26日 09:43 6歳臼歯 子供の歯

こんにちは、岩村矯正歯科です。

6歳臼歯というお子様にとって、とても大切な歯があります。

名前の通り、6歳前後に乳歯の奥に最初に生えてくる永久歯を6歳臼歯(第1 大臼歯)と言います。

乳歯が抜け始め、この6歳臼歯が基準になって、順番に永久歯に代わっていきます。

そのため6歳臼歯がむし歯になってしまうと、他の永久歯の歯並びや噛み合わせにまで影響してしまうのです。

それほど、6歳臼歯はとても大切な歯なのですが、実は最もむし歯になりやすい歯でもあります。

何故かと言いますと、そもそも、歯はすごく硬い完成した状態で生えてくるのではありません。

生えたばかりの歯は、歯の表面がやわらかく酸に侵されやすく、むし歯になりやすいのです。さらに、むし歯になりやすい理由はこの歯の生え方にあります。

6歳臼歯が顔をだしてから生え終わるまでには、約2年かかります。

また歯の噛み合わせの面にある溝が深く、汚れがつきやすいかたちになっています。

しかも乳歯の奥に生えてくるので、保護者の方もお子様自身も生え始めに気づかないこともあり、歯ブラシも十分に届かないまま、何ヵ月かを過ごすことになります。まだまだ子供自身ではしっかりと磨けないこの時期は、甘いもののコントロールとともに、保護者の方の仕上げ磨きなどの助けが必要です。


ページトップに戻る