阿倍野・天王寺で矯正歯科をお考えの方は、あべのキューズモール向かい あべのハルカス徒歩1分

矯正専門医による安心の治療

リンガル矯正(見えない矯正歯科)

リンガル矯正とは?

* リンガル矯正とは、歯の裏側に矯正の装置を付け歯並びを改善する治療です。近年、このリンガル矯正(見えない矯正歯科)が注目されています。正面から装置が見えないので、今まで装置が気になって、矯正治療を諦めていた患者様にはとても嬉しい治療法です。

治療中という事が周りに気づかれないので、こっそり矯正治療を受ける事が出来るという事が最大の利点です。

職業上、前から装置が見えるのはNGという方もこのリンガル矯正(見えない矯正)で治療を行っています。

ハーフリンガルの装着例

ハーフリンガル装着例上の歯は歯の裏側から装置を付ける方法(リンガル)です。
下の歯は前から付ける従来の方法です。
これをハーフリンガルと言います。
上の歯も下の歯も裏側から装置を装着するよりも費用がお安くなっています。

ハーフリンガル費用      945,000円

  • ハーフリンガル装着例 表側
    上…リンガル装置装着
    下…セラミックブラケット装着
  • ハーフリンガルの口元
    ハーフリンガルの口元

見えない矯正歯科に使用する装置は何?

歯の裏側に装着するので、小さい装置を利用して、負担を軽減しながら治療を行います。

  • クリッピーL
  • 裏側ストレートワイヤーシステム
こんな方におすすめ!
  • 周りの人に装置を見られたくない方
  • 目立たないように口元をキレイにしたい方
  • 接客業など人前に立つお仕事の方
  • 併せてホワイトニングもしたい方
  • 就職活動の予定がある方
    • 見た目が気にならないので治療期間のストレスが軽減される
    • 矯正装置の厚みによる口元の突出感がない
    • 突出感がないため早い段階で理想の横顔になれる
    • 治療期間中でもホワイトニングができる
    • 人によって発音の不自由さや違和感に慣れるまで時間がかかる場合がある
    • 他の治療法に比べると費用が高い
    • 症状によっては治療期間が長くなる

インビザライン(マウスピース型 取り外し可能な矯正治療)

インビザラインマウス型

※インビザラインの完成物は医療機器法対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。
※インビザラインは薬機法対象外です。

見えない矯正インビザライン

インビザラインマウスピース矯正とは?

マウスピース矯正は、透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)を歯に装着して歯並びを矯正する、 画期的な矯正方法です!一人ひとりの歯に合わせて作製される矯正装置を装着し、治療の段階に合わせて新しい装置に交換しながら徐々に歯を動かし、歯並びを矯正します。

  • インビザライン画像1
  • インビザライン画像2
目立ちにくい矯正方法

透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)は従来のワイヤー矯正と比較して非常に目立ちにくい装置です。「歯並びに悩んでいて治したい。 だけど、目立つ治療はイヤ・・・」といった要望に答える最新の矯正方法といえます。

  • クリッピーL
  • 裏側ストレートワイヤーシステム

他の矯正装置と違う点は、「目立ちにくい」そして「取り外しができる」ということ。
この他にも、マウスピース矯正にはさまざまな特徴が あります。

マウスピース矯正の4つの特徴
  • 特徴1
  • 特徴①
  • 治療中も笑顔に!目立たない矯正装置
    マウスピース矯正の一番のメリットは、装置が目立たないことです! 薄く透明に近い、医療用プラスチック製の装置は、装着していても着けていることがほとんど分かりません。マウスピース矯正は、治療中の見た目が気になる方、人と接する機会の多い方などにおすすめの矯正治療法です。
  • 特徴2
  • 特徴②
  • 装置を外して、食事ができる!
    他の矯正装置とは違って、患者さまご自身の手で取り外しができることが大きな特徴のひとつ。マウスピース矯正は、食事の時には取り外すことができるので、装置に食べ物が詰まる心配なく、治療中も普段通りに食事ができます。毎日の食事を楽しみたい方にはピッタリですね。
  • 特徴3
  • 特徴③
  • 段階に合わせて新しい装置に交換
    マウスピース矯正は、治療の段階に合わせて矯正装置を新しいものに交換し、装着することで徐々に歯並びを整えていきます。 矯正装置は、患者さまご自身で交換していただく必要があるので、患者さまの自己管理がとても大切です!
  • 特徴4
  • 特徴④
  • 治療期間中も快適!
    マウスピース型の矯正装置は金属を使用せず、また、段階的に歯を動かしながら歯並びを矯正するため、従来の矯正方法と比べて痛みが少なく、唇や口の中の粘膜などを傷つけてしまう心配がありません。治療期間中に装置が歯から外れてしまうなどの。緊急性が少ないことも特徴のひとつです。
    • インビザライン・アライナーは透明で目立たないため、装着していることがわからず、見た目にストレスを感じさせない
    • 取り外しが可能なため、いつでも簡単に歯のお手入れができ、 口腔内を健康な状態に保つことができる
    • 3次元治療計画ソフトウェアを通じて、治療開始から完了に至るまでの歯の移動を、コンピューター画面上で画像および動画として確認することができる
    • 金属製のワイヤーやブラケットを使用しないため、治療期間中に装置が脱落するなどの緊急性を要することがなく、金属アレルギーの心配もない
    • 症状によりインビザラインだけでは治療できない場合がある
    • 取り外し式装置のため、治療結果に患者様の協力が必要(原則として、10歳以上の方を対象とさせていただきます。)

対象年齢と治療期間

矯正治療は何歳から何歳まで受けられますか?
グラフ

平成20年に厚生労働省より発表された患者調査によると、歯列矯正治療を受けた推計患者数のうち、19歳以下は70%、20歳を過ぎてから治療された人の割合はおよそ30%となっています。成人を過ぎてから矯正を受けられた患者数の割合のみを見てみると、20代~40代が約8割、50代~70代が2割強を占めています。矯正治療は子どもの頃しか出来ないと思われがちですが、実は、幅広い年齢層の方が矯正治療を受けていることがわかります。

矯正の開始時期については、患者様の歯列の状態、歯の健康状態には個人差がありますので、詳しくは歯科医師に直接ご相談ください。

治療期間はどのくらい?
特徴4

歯を移動させる量が少ないケースであれば、数ヵ月で終わることもありますが、時間がかかる複雑なケースでは、2年以上かかることも。平均的な治療期間は、1年~2年といわれています。治療期間は先生の治療方針や治療計画等によって異なりますが、従来の矯正治療とほとんど変わりがないと、報告されています。

目立ちにくいワイヤーのホワイトワイヤーは こちら >>

ページトップに戻る